OneCNCのプロファイル製品を使用すると、レーザーやプラズマ、ウォータージェットなどのシート切断系の加工機に最適なプログラムを作成することができます。特に自動ネスティング機能は強力で、歩留まり効率を最大にしながら、一枚のシートから複数のパーツをカッティングすることができます。

OneCNCについて詳しい資料をご用意しています。今すぐ資料をご請求ください。

まずは資料をご請求ください

主な特徴

プロファイル加工

OneCNCのプロファイル製品を使用すると、レーザーやプラズマ、ウォータージェットなどのシート切断系の加工機に最適なプログラムを作成することができます。

特に自動ネスティング機能は強力で、歩留まり効率を最大にしながら、一枚のシートから複数のパーツをカッティングすることができます。

レーザー加工特有の加工条件

切断したいパーツ形状をマウスで指示すると切断条件を入力する画面が表示されます。

コーナー処理の方法や、切り離し用のタブの条件、アプローチスタイルの指示、加工開始位置へのピアッシング処理、パーツの上にあるパーツ名や部品番号などのケガキ加工の有無、切り離しタブ部分へのルーター加工条件などを指示します。さらにネスティングするパーツの場合には要求個数や回転配置の条件なども指示します。

ネスティング機能

自動ネスティング機能を用いると、大量のパーツに対して、材料間の隙間を最小限にしたネスティングを容易に行うことができ、歩留まり効率の良い最適なシートを簡単に生産することができます。 また、ネスティングを実行する際には、パーツやシートの隙間距離や、個々のパーツの回転許容角度などはもちろん、アプローチやリトラクト、コーナー処理といったツールパスの為の情報まで指定することができます。

また、パーツ点数が少ない場合には、手動ネスティング機能を用いることで、指定した材料形状の範囲内にパーツをマウスでドラッグしながら思い通りに配置することができます。パーツの回転制御も可能で、材料の目が重要なパーツでも理想的な方向での配置が可能です。

ネストシートの出力

入力したカット単価に基づき、部品ごとに整理されたコスト表を出力することができます。

木工ルーターでの切断加工に

木工ルーターでの切断加工にも活用できます。

プラズマ切断加工に

プラズマ加工機での切断加工にも活用できます。

レーザー加工に

レーザー加工機による切断に使用されます。

プロファイル製品が最も多く使われているのはこのレーザー加工の現場です。

ウォータージェット加工に

ウォータージェット加工機による切断加工に活用できます。

ガス溶断

ガス溶断機による切断加工にも使用されます。

ツールパスの描画

ツールパスをバックプロットすることで、ツールパスを視覚的に確認し計測することが可能です。

また加工プレビュー機能によるツールパスのシミュレーション機能により、加工順の確認なども可能です。

ハイブリッド 3Dモデリング

OneCNCは、ソリッド、サーフェス、そして、ワイヤーフレームによるモデリング機能が完全に融合されたハイブリッド 3Dモデリングシステムを採用しています。

これにより、押出しや切り取り、回転、フィレット、シェル、ブーリアンなどはソリッドコマンドを用いて短時間でモデリングを行い、一方、ソリッドコマンドでは表現が難しい複雑な曲面形状には、サーフェスコマンドを使うなど、形状や目的に応じて、最適なモデリング手法を選択することができます。

さらに、ソリッドモデルをサーフェスモデルに分解したり、逆にサーフェスモデルを結合してソリッドモデルにすることもできます。

また、2D図面化の機能を用いると、3Dモデルを元に、図枠テンプレート内に上面図、側面図、前面図などの三面図やアイソメ図、断面図などの投影図面を配置し、寸法線を付けた本格的な2D図面を容易に作成することが可能です。

対話式のようなウィザードメニュー

NCプログラムを作成する上で、「分かりやすさ」と「使いやすさ」は最も重要な要素です。

OneCNCの加工定義のメニューは全てウィザード形式となっていますので、CAD/CAMシステムに慣れていない方や、OneCNCを初めて使う方でも迷うこと無く思い通りのツールパスが生成できます。

どこか見えない場所に隠れた重要な設定を見逃すようなことは決してありませんので、オペレーターはいつも安心してプログラムを作成することができます。

また、一度作成した加工工程は「工程テンプレート」として保存され、類似形状に再利用することが可能です。

OneCNC Industry 4.0

OneCNCは、製造業における技術革新  Industry 4.0に適応し、モノづくり現場でのデジタル化のメリットを最大限にもたらします。